You are what you eat.

こんな諺がある。

You are what you eat. (あなたは食べた物そのものである。)

この言葉を聴いたときに、〝あ~、なるほど!〟とすごく思った。それ以来、この言葉がボクの中ではベースになってる。

あなたは、食べた物そのものである・・ 簡単にいえば、自分の身体っていうのは、過去に食べてきた食べ物からできている… というわけだ。

食べ物って、生き物が活動していくためのエネルギー源であるとともに、身体にとっては各部を維持・構成していくための材料でもある。

血・筋肉、細胞とか、骨とか、身体の組織を維持し、作っていくための材料を得るために人は食べてる。

とするなら、よい身体を創っていくためには、やはり、身体にとって善い食べ物を摂るというのが基本になるよね。

例えばさ、身体を〝家〟に見立ててみる。

良い家を建てたいと思ったら、どうする? 基礎をきっちりさせて、しっかりした木材を選んで、柱や梁にするよね? 虫が喰ったような木材は選ばないはずだ。いい材料を選んで建てていくことで、しっかりした家が建つ。

身体も同じようなもの。よい材料(食べ物)を食べていけば、(組成として)いい肉体ができる。

添加物にまみれたものを食べて、ジャンクフードばっかり、スナック菓子ばっかり食べてたのでは、いい身体にはならないのだよ。

身体の組織・・細胞などは、人が生まれてから死ぬまでずっと一緒ではなく、常に生まれ変わっている。概ね、7年程度で全ての細胞が入れ替わると言われている。

今日食べたものが、直ちに明日の細胞になるわけじゃない。積み重ねで、入れ替わっていくのだ。だからこそ、日々の食事には気をつけた方がいいのだ。

もし、体調に不調を感じているなら、過去に食べてきたものをちょっと振り返った方がいい。その上で食べるものを変えていくんだ。

善き肉体(組成)は、日々どんな物を食べるか? の積み重ねで決まってくるからね。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

Written by

けたろー。のアバター けたろー。 心理カウンセラー/魔法の質問 認定講師

心理カウンセラー/魔法の質問認定講師/自称料理研究家。

まず・・ 食に興味があり、ご縁があってカラダのことを学び、また、ご縁を頂いて心理学を学びました。ボディ・マインド・スピリッツは全て繋がっています。どれが欠けても善くない。学んできたことをゆるく語っていければなと思ってます。

目次
閉じる