おかげとせい。

【何か】が起こった時、その【何か】は出来事であり、
単なる事象にすぎない。

だけど、それに対してどう思うか? 
捉え方によって、その思いは全然変わってくる。

例えば、雨の日を思い出して… 
雨というのは、出来事や事象でしかない。

雨と言う日を、〝雨のお陰で・・・〟 と捉えるのか?
それとも、
〝うわぁ、雨! 雨の所為で・・・!〟 と捉えるのか? 

全然印象が変わってくるよね。

【お陰さま】 には、感謝の意が隠され、
【所為】 には、なんだか憎悪が垣間見られる。

【お陰さま】 には、明るい未来への展望が感じられ、
【所為】 には、その先も暗そうで閉塞した未来。

このコロナ禍はどうだろう?

人それぞれ境遇も違うし、遭遇している出来事も異なる。

だけど、それでも、
その中でご自身がこのコロナ禍をどう捉えるか?

〝お陰さま〟と思うのか? 〝所為〟と捉えるのか?

あなたなら、どっちだろう?

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

Written by

けたろー。のアバター けたろー。 心理カウンセラー/魔法の質問 認定講師

心理カウンセラー/魔法の質問認定講師/自称料理研究家。

まず・・ 食に興味があり、ご縁があってカラダのことを学び、また、ご縁を頂いて心理学を学びました。ボディ・マインド・スピリッツは全て繋がっています。どれが欠けても善くない。学んできたことをゆるく語っていければなと思ってます。

目次
閉じる