相手に関わり、寄り添う

男? 女? 独り? 夫婦? パートナー? 

子どもはいる? ひとり? 2人? 3人? 4人? 
それとも5人? それ以上?

仕事してる? してない? 
サラリーマン? それとも自営?
その仕事は順調? そうじゃない?

海が好き? それとも山? 
アウトドア派? インドア? …。 

置かれてる立場や、趣味嗜好は人それぞれ。 
それに、もちろん考え方だって違うし、価値観も違う。

たぶん、みんなそんなことわかちゃいるんだけど
自分の世界が全て正解で、自分の意見や考えが全部だと思って、
それを真っ先に口にして、ついついストレートに 
【自分の正解】 を相手にぶつけ、押し付けてしまうんだ。

概ね、その行動は〝無意識〟に行われるから、その瞬間、
なぜ相手が気分を害してしまったのか? なぜ機嫌が悪くなったのか? 
相手の氣がわからないでいることがほとんど。 

自分の言動や態度が蒔いてる種なのに、
相手が勝手に怒ってしまった… なんて、まるで他人事のよう。 

それでその挙句、相手が悪い、環境が悪いと他の所為にして追いやる。 

でもさ、よくよく考えてみれば、違うんだよ。 

相手に関わり、寄り添うということを、忘れてはいないかい?

こんな時期だからこそ相手に寄り添うってことが
大切なんじゃないかなって思うんだよ。 

相手の話に耳を傾けて、自分とは違う意見や考え方を受け止め
相手に寄り添う。 

これは、夫婦であっても、我が子であっても、
親しい友であっても、ましてや、あかの他人に対してでさえ同じこと。

自分と相手は違う… これが前提なのだ。 

その上で、相手に寄り添い少し言葉をかけてみる。 

『そんなことがあるんだね』『そんな考え方があるんだね』
『すごいよね。』『それはすばらしいね!』

相手にとっては、それだけで救われることもあるんだよ。

皆が皆、自分ではないのだ。 

… なんてことを思った梅雨時の午後の出来事。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

Written by

けたろー。のアバター けたろー。 心理カウンセラー/魔法の質問 認定講師

心理カウンセラー/魔法の質問認定講師/自称料理研究家。

まず・・ 食に興味があり、ご縁があってカラダのことを学び、また、ご縁を頂いて心理学を学びました。ボディ・マインド・スピリッツは全て繋がっています。どれが欠けても善くない。学んできたことをゆるく語っていければなと思ってます。

目次
閉じる